売掛金回収の注意点


売掛金の確実な回収のためには、債務者が置かれている状況を正確に把握することが大切です。特に昔の売掛金を回収しようとする場合は、売掛金の支払い義務がなくなっている可能性すらありえます。せっかくの売掛金を無駄にしないためにも、自分にとって不利になる条件を満たさないように、すばやく行動するよう心がけましょう。

まず気をつけなければならないのが、売掛金には時効があるということです。売掛金の寿命は種類によって異なりますが、長いものでも3年、短いものだと1年に設定されているので、条件次第では非常に短い期間で売掛金は消滅することになります。そのため売掛金の回収は可能な限り早くする必要があり、全額の回収が難しいときは、一部だけでも回収して、時効を延長させる必要があります。また内容証明郵便の催促状で、時効の中断も可能なので、状況に応じて活用してください。

売掛金をしっかりと回収するためには、債務者の資力を確認することも重要です。もともと支払い能力が無い状態で売掛金を回収しようとしても、結局一部しか回収できず、時には調停で減額をする必要が出たり、下手に訴訟を起こしても、債権者の資力不足で回収が行えず、費用が無駄になるかもしれません。売掛金を回収する際は、そもそもそれができるだけの資力があるか確認しましょう。ある程度の資力があると判断できれば、一部の財産を担保にするなどの方法で売掛金を回収できます。当サイトでは売掛金回収の注意点についての情報を掲載しています。