資力の確認


当然といえば当然ですが、売掛金を回収するためには、債務者が現金などの資産を用意しなければなりません。それができれば問題は無いのですが、人によっては資産が完全につけ売掛金の支払いができないこともあります。そうなれば土地などを担保にして回収する必要も出てきますが、それらも無い場合は必要以上に費用をかけても、ムダに損失が増える一方なので、無駄な費用をかけないためにも、まずは相手の資力を確認してから動きましょう。

売掛金を確実に回収するためには、それ相応の資力を持っていなければ意味がありません。とはいえ債務者側にしてみれば、資力があることを知られたら、返済を余儀なくされることになるので、おおっぴらにそのことを伝えることはしません。そのため相手の資力を調べるためには、自分の手で調査しなければならないこともあります。債務者が企業や店舗を経営しているなら、そちらの様子を見て、ある程度の資力があるか判断しましょう。

債務者側の資力が期待できないときはどうすればよいのでしょうか。条件次第では、ある程度期間を待って資産が増えるのを待つこともできますが、それで返済が完了できない可能性もあります。それが難しいときは、弁護士を通して調停を行って、返済額の一部を減額したり、返済内容を変更したりもできるので、そうしたサポートを活かしつつ、少しでも売掛金を回収するようにしましょう。